introduce myself

那覇市首里生まれ。

小学校から高校までバスケット三昧。

首里高卒。

東京経済大学入学。

初めて沖縄とは違う場所で生活をする。同じ日本なのにあまりのカルチャーショックに驚く。

大学3年次にオーストラリア留学へ。

Perthに3ヶ月、Melbourneに8ヶ月。とても充実した生活と貴重な経験の数々。のんびりしたオージーはウチナーンチュと似ていて、東京での生活よりカルチャーショックがないことに逆に驚く。「沖縄って他の日本とはやっぱり違うかも」と実感。

Northern Melbourne Institute of TAFE ,  tourism course 修了。

 

帰国。大学卒業後、憧れの旅行業界へ就職。株式会社JTBワールド(現 株式会社JTBワールドバケーションズ)入社。海外パッケージツアー「LOOK JTB」の企画造成におけるアジア部営業手配課にて、主に地上手配および販売店対応に従事。

株式会社JTBワールド退社後、2004年帰沖。

財団法人(現 一般財団法人)沖縄観光コンベンションビューローに入職。海外プロモーション、メディアミックス、リゾートウエディング、観光業界の人材育成促進、インバウンド促進事業等々、沖縄観光を構成するあらゆるテーマの事業に携わる。

在職中に、長男、長女を出産。

初めての組織内人材育成担当者として、専門家の力を借りながら、社内育成プログラムを構築。研修一つ一つの内容のみならず、階層別、テーマ別、あらゆる角度の点と点の研修を線に結び、理想の姿に向けた戦略的な育成プログラムを組み立て、実現に移した。さらに導入研修講師として300人以上の嘱託職員に研修を行った。

人材育成の勉強や異業種の方々との交流を深めていく中で、「人を育てる」ことの重要さに深く共感する。

プライベートでは、父親の介護問題に直面。「今後、親の介護は当たり前のように誰でも起こること」と実感させられる。

2016年、一般財団法人沖縄観光コンベンションビューローを退職。

自分自身の経験から、ワークライフバランスについて興味を持ち、株式会社ワークライフバランス社認定コンサルタント取得。

☆    ☆    ☆    ☆    ☆

育児や介護などで時間の制約がある人でも、働きたいと思う人は多数いる。でも時間的制約があるというだけで、仕事の領域が狭まれ、時間内で効率良く仕事をすることには評価されず・・・。働き続けたいという意思とは裏腹に、退職せざるを得ないケースも。

どんな立派な会社でも、どんなに素晴らしい業務でも、最終的にはそこで働く「人」が組織や会社の核になる。時代が刻々と変化していく中、多様な人を育て、活用していくことが、組織にとっても働く人にとっても重要な鍵となる。

働き方改革、ワークライフバランス、人材育成プランなどのテーマを通して、働く人が生き生きとした組織づくりを一緒に作り上げたい!

「働きたい、働き続けたいと思っている人が力を発揮し、組織全体が元気になる!」組織活性コンサルタントとして、少しずつ前進しています。

 

☆    ☆    ☆    ☆    ☆

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA